TOPへ戻る  >  お金の面で友人に助けられた苦学生の頃

お金の面で友人に助けられた苦学生の頃

"大学の時苦学生だったので私はいつもお金を借りる方でした。
同じクラスの女の子が優しくて、私がお金に困っている時にいつも一時的に5000円くらいの単位で貸してくれていました。
自分で大学に通うお金を稼がないといけないという私の事情を知っているので、いつも助けてくれていました。
友達同士でお金の貸し借りをすると友情が壊れると言いますが、それはいい加減な生活をしているくせにお金を借りる人のことだと思います。
私は大学の学費、食費、ひどい時には学校までの定期券を買うお金にも苦労していたので、友達が助けてくれていました。
私が通っていたのは公立だったので学費がそんなに高い訳ではなかったのですが、それでもバイトで稼いで払うのは大変でした。
同じクラスの女の子と研究室が離れて別行動が多くなり、その子にお金を借りれない時に他の男の友達に借金を頼んで断られたこともあります。
お金を貸すことが私のためにならないと思ってのことだと思いますが、貸せば返してもらえないくらいに考えたのだと思います。
"

関連記事

友達には借りにくい6万円(>_<)6万円だけお金を借りるならキャッシングが気楽ですよ(´^ω^`)

サイトMENU

Copyright (C) 2015 モビットの借り入れと返済は簡単?三菱東京UFJ銀行系カード. All Rights Reserved.